「騒音おばさん」の真実

 通称「騒音おばさん」に対する控訴審で、河原美代子被告は、ラジカセで大音量を鳴らすようになったのは、近所からいじめられたからだと語りました。
 (中略)
 「近所の人から、亡くなった娘の悪口を広められたり、接着剤で鍵穴をふさがれたりするなどのいじめに遭っていた」と、ときおり涙を流しながら訴えました。
 (<奈良>騒音おばさん 法廷で「理由」語る: Yahoo!ニュース


 →奈良騒音事件。Miyoco被告が真犯人と思えば大間違い! (抜粋)

 →週刊新潮特集記事



 これらを見て驚愕しました。

 私たち視聴者もハメられていたなんて!


 私はこの記事を最後まで読んで涙が止まらなくなりました

 これが事実なら自称被害者は人として最低ですね


 私たちはTVニュースなどで「騒音おばさん」として取り上げられた女性を見ましたね。

 今思うと

 画面には被告が大声で叫んでいる場面ばかりでしたね。

 そう、視聴者には

あたかもおかしな人のように見えてしまいました。



 しかし実際は違っていた

 一人の女性をこれ程までにさせた事件があった。

 しかしその事は覆い隠されマスコミは何もかも被告が悪いような一方的な報道しかしてこなかった


 これはあまりにも酷い事件です。
 事件の発端は自称被害者にあったなんて・・・・

 だからといってこれで被告が100%無罪になることはないでしょう。嫌がらせの抵抗としてやったことだとしてもチャラにならないのが世の常です。
 ですが、

こんなことがまかり通って


許されるはずがありません!



 そしてマスコミ報道の責任も重大。



 この一方的な報道で被告はますます孤立してしまいました。

 しかし彼女は「こんなくだらないケンカ、他人まで巻き込みたくない」とし自ら一人で戦っています。


 この一連の事実を知って改めて当時の報道映像を思い出しました。

 あれはただ大きな声で騒音を出しているのではなく、




彼女の魂の叫びだった




ということを痛感しました。



 これはインターネットという新たなメディアが広まってきたから知ることが出来たものです。もう従来のメディアの思惑は崩れてきているのではないでしょうか。

 正しい世論は正しい方向へ導く力です。捻じ曲がった世論を倒すべくこのことを広めましょう。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2017年07月24日 22:14
Thanks for sharing your thoughts on j_[X. Regards

この記事へのトラックバック